妊娠中の股ずれ対策に何をすればよい?

妊娠中は1ヶ月で1kg〜2kg増え、臨月には今まで経験をしたことがない過去最高の体重になってしまう妊婦さんがほとんどです。
体型の変化と共に太ももが太くなってしまい股ずれになってしまってから「まさか自分が股ずれに!?」と驚く妊婦さんも少なくありません。

 

股ずれになるとその痛みはヒリヒリと強烈で、ひどい場合は歩くこともままならなくなります。 少しでも変化を感じたら、股ずれになってしまう前に予防することが大切です。

 

ここでは妊婦さんができる股ずれ防止&解消方法をご紹介します・

 

妊婦の股ずれの予防方法

スパッツやインナーをはく

股ずれは太ももの内側の素肌どうしが擦れ合うことで発生します。まだお腹がそこまで大きくない場合はすべりの良い素材のスパッツやガードルなどのインナーを着用して素肌をガードすることで、股ずれを予防できます。

 

マタニティ用のスパッツなども販売されています。 体にちょうど良いサイズが見つからない時は、包帯を巻くという方法もあります。

 

ベビーパウダーで肌のサラサラをキープ

太ももの汗も、股ずれには大敵です。ベビーパウダーは素肌をサラサラに保ち股ずれ予防に一役買ってくれます。 ベビーパウダーともシッカロールとも呼ばれますが、どちらでも大丈夫です。

 

出かける前にベビーパウダーを太ももに塗っておくと長時間の外出もいくらか楽になります。

 

クリームで摩擦を軽減

お腹が大きくなっている妊婦さんの場合、お腹をしめつけるタイプのスパッツは履けないことも多いですよね。またスパッツは何枚も用意しなくてはいけないためちょっと大変、体型が戻った後は使わないしな…という場合はモモンヌケアのような股ずれ防止クリームです。

 

どうしても素肌が触れ合ってしまう時は、モモンヌケアですべりを良くするという手があります。

 

妊娠中は今まで体験したことがないような様々なトラブルが発生しやすいです。

 

妊娠してから急激に下半身が太り、股ずれが起きてしまうようになってしまった…!という時は少しでも快適なマタニティライフを過ごすために痛みを軽減し、出産後綺麗な足を取り戻すために黒ずみができないようにケア・予防するのも大切です。

 

出産後も綺麗なママでいたいですよね。そんなママにもモモンヌケアはぴったりです。