股ずれを解消し、予防する方法。破れてしまったズボンの補修方法

股ずれは本人には切実な問題ですよね。肌は赤くヒリヒリとして、継続的な痛みがあり、不快な気分になりますので、毎日を楽しく過ごすためにも股ずれの解消方法と予防法をご紹介します。

 

皮膚保護クリームを塗る

股ずれは股の皮膚と衣服の摩擦や皮膚と皮膚が擦れ合うことによって起こりますので、皮膚が衣服で擦れないように皮膚の保護クリームを予め太ももに塗っておくのがお勧めです。

 

オロナインは股ずれで炎症を起こした皮膚の治療薬でもありますので、すでに股ずれで苦しんでいるいる人はモモンヌケアのような皮膚保護クリームを活用しましょう。

 

股ずれの炎症が酷過ぎる場合は、躊躇せず皮膚科で相談しましょう。

 

スパッツをはく

皮膚と衣服の摩擦を起こさないためにも、スパッツなどの皮膚と衣服が密着しているものを着用するのもお勧めです。

 

スパッツならば、皮膚がこすれることがありませんので、股ずれを解消でき、予防にもなります。

 

ダイエット

股ずれは太ももの太い人がなってしまうものですよね。ランジなどの筋トレプラス、有酸素運動、カロリーを抑えた食事でダイエットに励み、太ももを細くする努力をすることが一番の股ずれ解消法であり予防法でもあります。 

 

ズボンが股ずれによって破けた場合の補修方法

お気に入りのズボンが股擦れしてしまって残念に思うことありますよね。せっかくのお気に入りなら補修してまた履きたい。

 

直しに出せばプロの仕事ですから割と綺麗に補修してもらえます。ですが、新しいものを買うのと同程度の料金がかかります。

 

ならば新しいものを買ってしまう方がほとんどだと思います。ですが、以外と簡単に直すことが出来るんです。特別な色味のものやデニムは難しいですが、100均などで手に入る補修布を股ずれ部分の裏側から当てて補修出来ます。

 

それだと色味が合わずに気になるのであればスーツなら裾の内側から移植するのも1つの方法です。

 

ですが取れる部分が少ないので、範囲が広い場合は同じ色合いの生地で代用します。代用する場合はアイロン接着芯地を利用して補修します。

 

貼り合わせただけでは強度が弱いので、股ずれしている範囲より5ミリ程度大きめに補修布の生地を取り接着芯地で貼り合わせたら広めに取った部分を内側に折り込みまつり縫いして完了です。

 

ですが、見栄えは気にせず長く履きたい!という方は表に返し股ずれ部分に補修布を当て先ほどと同じ方法で2重に補修すると良いでしょう。

 

またデニムも同じ方法で可能ですが、風合いを損ねてしまいます。ヴィンテージものなどは素人が手を出すよりプロの手を借りるのが一番です。